Web standards (ウェブ標準)

ウェブ標準は国際標準化団体によって策定される、 ウェブ の仕組み (またときには インターネット を制御する方法) を定義する規則です。

いくつかの標準化団体がウェブのさまざまな側面を定義する責任があり、すべての標準はウェブを最大限に利用可能でアクセス可能に保つために調整する必要があります。
ウェブ標準は、現在の状況を改善し、新しい状況に適応するために進化しなければなりません。

次のリストはウェブサイトやネットワークシステムが準拠しなければならない標準の一部です:

  • IETF (Internet Engineering Task Force): インターネット標準 (STD) であり、特に、URIHTTPMIME の設定と使用を管理しています。
  • W3C: マークアップ言語 (HTMLなど) 、スタイル定義 (CSS)、 DOMアクセシビリティ の仕様を策定しています。
  • IANA (Internet Assigned Numbers Authority): 名前や番号の登記を管理しています。
  • Ecmaインターナショナル: 特に JavaScript 向けのスクリプティング標準の策定。
  • ISO (International Organization for Standardization、国際標準化機構): 文字エンコーディング、ウェブサイトの管理、ユーザーインターフェイス設計などを含む、多種多様な標準を管理しています。

関連項目

一般知識

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mdnwebdocs-bot, Uemmra3, dummy
最終更新者: mdnwebdocs-bot,