Mozilla technologies

Mozilla には、プロジェクトのコンポーネントとして使用されるいくつかのテクノロジーがあります。これらはここに文章化されています。

Accessibility API Implementation Details
These pages contain documentation on Mozilla specific implementation details of Assistive Technology APIs.
Animated PNG graphics
APNG 仕様は以下のメンバーによって作られました:
Places
Placesは Firefox 3 で導入されたブックマークと履歴の管理システムです。ユーザがより簡便に操作できるように、より柔軟で複雑な検索を可能としています。また、favicon のストレージなどのいくつかの新しい機能や、ページに対して注釈として任意の情報を付加するような機能を含みます。さらに、これらの情報を管理するために新しい UI が導入されています (※詳細 : Places on the Mozilla wiki)
Toolkit API
Mozilla Toolkit は、XUL アプリケーションに高度なサービスを提供するために Gecko 上に構築されたプログラミングインタフェース(API) のセットです。これらのサービスは以下のものを含みます:
XML Extras
XPCOM
XPCOM は Microsoft COM と同じクロスプラットフォームのコンポーネントオブジェクトモデルです。これには複数の言語バインディングがあり、XPCOM コンポーネントを C++ に加えて JavaScript、Java、Pythonで使用および実装することができます。XPCOM のインタフェースは XPIDL という IDL の方言で定義されています。
XPIDL
XPIDLXPCOM インターフェースクラスを指定するためのインターフェース記述言語 (Interface Description Language) です。
XSLT 2.0
Firefox では XSLT 2.0 がネイティブにサポートされていませんが、Saxon-B (Java) や最近では Saxon-CE (JavaScript) を使用して XSLT 2.0 を実行することは可能です。