Attr.localName

Attr.localName読み取り専用プロパティは、要素の修飾名のローカル部分を返します。

以前のDOM仕様では、このAPIはNodeインターフェース内で定義されていました。

構文

name = attribute.localName

戻り値

属性の修飾名のローカル部分を表すDOMString

次の例は、警告ダイアログの"id"を示しています。

HTML Content

<button id="example">Click me</button>

JavaScript Content

const element = document.querySelector("#example");
element.addEventListener("click", function() {
  const attribute = element.attributes[0];
  alert(attribute.localName);
});

注意

属性のローカル名は、コロンの後に続く属性の修飾名の一部です。 修飾名は、通常、特定のXML文書の名前空間の一部としてXMLで使用されます。

注意:Gecko 1.9.2以前では、(XML DOMでのDOMのXHTML属性とは対照的に)HTML DOMのHTML属性のローカル名の大文字のプロパティを返します。 後のバージョンでは、HTML5に準拠して、内部DOMストレージの場合に、HTML DOMのHTML属性とXML DOMのXHTML属性の両方で小文字のプロパティが返されます。

仕様

仕様 状況 コメント
DOM
Attr.localName の定義
現行の標準 初版

ブラウザの実装状況

BCD tables only load in the browser

関連情報