CanvasRenderingContext2D.ellipse()

CanvasRenderingContext2D.ellipse() は Canvas 2D API のメソッドで、現在のサブパスに楕円の弧を追加します。

構文

void ctx.ellipse(x, y, radiusX, radiusY, rotation, startAngle, endAngle [, anticlockwise]);

ellipse() メソッドは (x, y) を中心として、 radiusXradiusY を半径とする楕円の弧を生成します。パスは startAngle から始まって endAngle で終わり、回転方向は anticlockwise で指定します (既定では時計回りです)。

引数

x
楕円の中心の X 軸 (水平) 座標です。
y
楕円の中心の Y 軸 (垂直) 座標です。
radiusX
楕円の長辺の半径です。負の値であってはなりません。
radiusY
楕円の短辺の半径です。負の値であってはなりません。
rotation
楕円の傾きで、ラジアンで表現します。
startAngle
楕円が始まる角度で、正の X 軸から時計回りの角度をラジアンで表現したものです。
endAngle
楕円が終わる角度で、正の X 軸から時計回りの角度をラジアンで表現したものです。
anticlockwise 省略可
省略可能な Boolean の値で、 true の場合は楕円を反時計回りに描きます。既定値は false (時計回り) です。

完全な楕円の描画

この例は、 π/4 ラジアンの角度 (45°) で楕円を描きます。楕円全体を描くには、弧が 0 ラジアン (0°) で始まり、 2π ラジアン (360°) で終わるようにします。

HTML

<canvas id="canvas" width="200" height="200"></canvas>

JavaScript

const canvas = document.getElementById('canvas');
const ctx = canvas.getContext('2d');

// 楕円を描画
ctx.beginPath();
ctx.ellipse(100, 100, 50, 75, Math.PI / 4, 0, 2 * Math.PI);
ctx.stroke();

// Draw the ellipse's line of reflection
ctx.beginPath();
ctx.setLineDash([5, 5]);
ctx.moveTo(0, 200);
ctx.lineTo(200, 0);
ctx.stroke();

結果

様々な楕円の弧

この例では、様々な属性の3本の楕円のパスを生成します。

HTML

<canvas id="canvas"></canvas>

JavaScript

const canvas = document.getElementById('canvas');
const ctx = canvas.getContext('2d');

ctx.fillStyle = 'red';
ctx.beginPath();
ctx.ellipse(60, 75, 50, 30, Math.PI * .25, 0, Math.PI * 1.5);
ctx.fill();

ctx.fillStyle = 'blue';
ctx.beginPath();
ctx.ellipse(150, 75, 50, 30, Math.PI * .25, 0, Math.PI);
ctx.fill();

ctx.fillStyle = 'green';
ctx.beginPath();
ctx.ellipse(240, 75, 50, 30, Math.PI * .25, 0, Math.PI, true);
ctx.fill();

結果

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
CanvasRenderingContext2D.ellipse の定義
現行の標準

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報