CanvasRenderingContext2D.save()

Canvas 2D API の CanvasRenderingContext2D.save() メソッドは、現在の状態をプッシュしてキャンバスの全体の状態をスタックに保存します。

描画状態

スタックに保存される描画状態には以下のものが含まれます:

構文

void ctx.save();

描画状態を保存する

この例は、save() メソッドを使用してデフォルトの状態を保存して、restore() を使用して復元しているため、デフォルトの状態で長方形を描画できます。

HTML

<canvas id="canvas"></canvas>

JavaScript

const canvas = document.getElementById('canvas');
const ctx = canvas.getContext('2d');

// Save the default state
ctx.save();

ctx.fillStyle = 'green';
ctx.fillRect(10, 10, 100, 100);

// Restore the default state
ctx.restore();

ctx.fillRect(150, 40, 100, 100);

結果

仕様

仕様 状態 コメント
HTML Living Standard
CanvasRenderingContext2D.save の定義
現行の標準

ブラウザー実装状況

BCD tables only load in the browser

関連情報