Console API

Console API(コンソール API)には、開発者がデバッグ作業(メッセージ、コード内の設定点での変数の値、操作の完了にかかった時間などの記録)を実行できるようにする機能が用意されています。

概念と使用方法

Console API は、一貫性のない方法ではありますが、さまざまなブラウザーで実装されている、大部分が独自の API として始まりました。 Console API 仕様は、一貫した振る舞いを定義するために作成されました。 すべての最新のブラウザーは、最終的にこの振る舞いの実装に落ち着きましたが、一部の実装には独自の機能がまだ追加されています。 これらについては、次をご覧ください。

使用方法は非常に簡単です — console オブジェクト — window.console またはワーカーの WorkerGlobalScope.console を介して利用できます。 console のみを使用してアクセスできます — 基本的なデバッグ作業を実行するために呼び出すことができる多くのメソッドが含まれています。 通常は、ブラウザーのウェブコンソールにさまざまな値を記録することに焦点を当てています。

最も一般的に使用されるメソッドは console.log で、特定の変数に含まれる現在の値を記録するために使用します。

インターフェイス

console
記録、スタックトレース、タイマー、カウンターなどの基本的なデバッグ機能を提供します。

let myString = 'Hello world';

// "Hello world" をコンソールに出力
console.log(myString)

その他の例については、console のリファレンスページを参照してください。

仕様

仕様 状態 コメント
Console API 現行の標準 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報