Document.createTouch()

非推奨

この機能は非推奨になりました。まだ対応しているブラウザーがあるかもしれませんが、すでに関連するウェブ標準から削除されているか、削除の手続き中であるか、互換性のためだけに残されている可能性があります。使用を避け、できれば既存のコードは更新してください。このページの下部にある互換性一覧表を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

注: Gecko 25.0 以前では、このメソッドは DocumentTouch ミックスインで定義されていました。

Document.createTouch() メソッドは、新しい Touch オブジェクトを生成して返します。

構文

var touch = DocumentTouch.createTouch(view, target, identifier, pageX, pageY,
                                      screenX, screenY);

引数

注: すべての引数が省略可能です。
view
タッチが発生した window です。
target
タッチの EventTarget です。
identifier
Touch.identifier の値です。
pageX
Touch.pageX の値です。
pageY
Touch.pageY の値です。
screenX
Touch.screenX の値です。
screenY
Touch.screenY の値です。
注: このメソッドの以前のバージョンでは、以下の追加の引数を含んでいましたが、これらの引数は下記の標準のいずれにも含まれていません。従って、これらの引数は非推奨であり、使用されないと考えてください。
clientX
Touch.clientX の値です。
clientY
Touch.clientY の値です。
radiusX
Touch.radiusX の値です。
radiusY
Touch.radiusY の値です。
rotationAngle
Touch.rotationAngle の値です。
force
Touch.force の値です。

返値

touch
入力引数で記述されたように構成された Touch オブジェクトです。

この例は Document.createTouch() メソッドを使用して Touch オブジェクトを生成する様子を示しています。

以下のコードスニペットでは、2つの Touch オブジェクトが target 要素に生成されます。

var target = document.getElementById("target");

var touch1 = Document.createTouch(window, target, 1, 15, 20, 35, 40);
var touch2 = Document.createTouch(window, target, 2, 25, 30, 45, 50);

仕様書

仕様書 状態 備考
Touch Events
Document.createTouch() の定義
勧告 初回定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報