Document.exitFullscreen()

DocumentexitFullscreen() メソッドは、この文書で現在全画面モードで表示されている要素が全画面モードを向け、画面を以前の状態に戻すことを要求します。これはふつう、以前の Element.requestFullscreen() の呼び出しの効果を取り消します。

構文

exitPromise = document.exitFullscreen();

引数

なし。

返値

ユーザーエージェントが全画面モードから完全に抜けたら解決される Promise です。全画面モードから抜けようとしてエラーが発生したら、 Promise の catch() ハンドラーが呼び出されます。

この例ではマウスボタンで中をクリックするたびに、現在の文書が全画面表示になったり戻ったりします。

document.onclick = function (event) {
  if (document.fullscreenElement) {
    document.exitFullscreen()
      .then(() => console.log("Document Exited form Full screen mode"))
      .catch((err) => console.error(err))
  } else {
    document.documentElement.requestFullscreen()
  }
}

注: もっと完全な例については、 in Element.requestFullscreen()をご覧ください。

仕様書

仕様書 状態 備考
Fullscreen API
Document.exitFullscreen() の定義
現行の標準 初回定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報