DocumentOrShadowRoot.fullscreenElement

DocumentOrShadowRoot.fullscreenElement プロパティは読み取り専用で、この文書内で現在全画面モードで表示されている Element を返し、全画面モードを使用していない場合は null を返します。

このプロパティは読み取り専用ですが、変更されても (strict モードでも) 例外は発生しません。設定しても何もせず、無視されます。

構文

var element = document.fullscreenElement;

返値

現在全画面モードになっている Element オブジェクト。全画面モードがこの document で使用されていない場合、返値は null です。

この例は isVideoInFullscreen() 関数を表し、 fullscreenElement からの返値を調べています。文書が全画面モードで (fullscreenElementnull ではなく)、全画面の要素の nodeNameVIDEO、すなわち <video> 要素を表す場合、この関数は true、すなわち動画が全画面モードであることを表します。

function isVideoInFullscreen() {
  if (document.fullscreenElement && document.fullscreenElement.nodeName == 'VIDEO') {
    return true;
  }
  return false;
}

仕様書

仕様書 状態 備考
Fullscreen API
Document.fullscreenElement の定義
現行の標準 初回定義

ブラウザーの対応

No compatibility data found for api.DocumentOrShadowRoot.fullscreenElement.
Check for problems with this page or contribute missing data to mdn/browser-compat-data.

関連情報