Document.getElementsByTagName()

Document インターフェイスの getElementsByTagName メソッドは、指定されたタグ名を持つ要素の HTMLCollection を返します。ルートノードを含めた文書全体が検索されます。返された HTMLCollection は生きたものであり、つまり document.getElementsByTagName() を再度呼び出さなくても DOM ツリーと同期を取り続けるよう、自動的に自分自身を更新します。.

Syntax

var elements = document.getElementsByTagName(name);
  • elements は生きた HTMLCollection であり、見つかった要素がツリーに出現する順に並んでいます (ただし、下記のメモを見てください)。
  • name は文字列で、要素の名前を表します。特殊な文字列 "*" は全ての要素を表します。
The 最新の W3C 仕様書 では elementsHTMLCollection です。しかし、 WebKit ブラウザーではこのメソッドは NodeList を返します。詳しくは バグ 14869 を見てください。

以下の例では、 getElementsByTagName() は特定の親要素から開始し、その親要素から DOM を上から下へ再帰的に検索し、タグが name パラメータと一致する子要素を探します。これは document.getElementsByTagName() と、機能的に同等な Element.getElementsByTagName() は、 DOM ツリー内の特定の要素から検索を始めることを示します。

ボタンをクリックすると getElementsByTagName() を使用して、特定の親 (文書自体または2つの <div> 要素の何れかに囲まれたもの) の子孫の段落要素を数えます。

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
<head>
  <meta charset="UTF-8" />
  <title>getElementsByTagName example</title>
  <script>
    function getAllParaElems() {
      var allParas = document.getElementsByTagName('p');
      var num = allParas.length;
      alert('この文書には ' + num + ' 個の段落があります');
    }

    function div1ParaElems() {
      var div1 = document.getElementById('div1');
      var div1Paras = div1.getElementsByTagName('p');
      var num = div1Paras.length;
      alert('#div1 には ' + num + ' 個の段落があります');
    }

    function div2ParaElems() {
      var div2 = document.getElementById('div2');
      var div2Paras = div2.getElementsByTagName('p');
      var num = div2Paras.length;
      alert('#div2 には' + num + ' 個の段落があります');
    }
  </script>
</head> 
<body style="border: solid green 3px">
  <p>Some outer text</p>
  <p>Some outer text</p>

  <div id="div1" style="border: solid blue 3px">
    <p>Some div1 text</p>
    <p>Some div1 text</p>
    <p>Some div1 text</p>

    <div id="div2" style="border: solid red 3px">
      <p>Some div2 text</p>
      <p>Some div2 text</p>
    </div>
  </div>

  <p>Some outer text</p>
  <p>Some outer text</p>

  <button onclick="getAllParaElems();">
    文書内のすべての p 要素を表示</button><br />

  <button onclick="div1ParaElems();">
    div1 要素内のすべての p 要素を表示</button><br />

  <button onclick="div2ParaElems();">
    div2 要素内のすべての p 要素を表示</button>

</body>
</html>

メモ

HTML 文書上で呼び出された場合、 getElementsByTagName() は処理前に引数を小文字に変換します。これは HTML 文書内のサブツリーにあるキャメルケースの SVG 要素に一致させようとする場合には望ましくありません。この場合は document.getElementsByTagNameNS() が便利です。 バグ 499656 を参照してください。

document.getElementsByTagName() は、検索が文書全体を含むという点以外は Element.getElementsByTagName() と類似しています。

仕様書

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
getElementsByTagNameChrome 完全対応 1Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 ありIE ? Opera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 ありOpera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android ?

凡例

完全対応  
完全対応
実装状況不明  
実装状況不明

関連情報