Document.onafterscriptexecute

非標準

この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

Document.onafterscriptexecute プロパティは、静的な <script> 要素のスクリプトの実行が終了したときに呼び出される関数を参照します。要素が appendChild() などで動的に追加された場合には呼び出されません。

構文

document.onafterscriptexecute = funcRef;

funcRef は関数の参照で、イベントが発行されると呼び出されます。イベントの target 属性が、実行が完了した <script> 要素に設定されます。

function finished(e) {
  logMessage(`Finished script with ID: ${e.target.id}`);
}

document.addEventListener('afterscriptexecute', finished, true);

ライブ例を表示

仕様書

ブラウザーの対応

BCD tables only load in the browser

関連情報