Element.scrollLeft

Element.scrollLeft プロパティは、要素の内容が左端からスクロールするピクセル数を取得または設定します。

要素の directionrtl (right-to-left、右書き) の場合、 scrollLeft0 のときにスクロールバーが右端の位置 (スクロールする内容の開始位置) にあり、コンテンツの末尾にスクロールするにつれて、負の数が増加していきます。

画面拡大を使用するシステムでは、 scrollLeft が小数になることがあります。

構文

値の取得

// スクロールしたピクセル数を取得
var sLeft = element.scrollLeft;

sLeftelement が左端からスクロールしたピクセル数を整数で表現したものです。

値の設定

// スクロールしたピクセル数を設定
element.scrollLeft = 10;

scrollLeft は任意の整数値で設定することができます。しかし、

  • 要素がスクロールできない場合 (例えば、はみ出した部分がない場合)、 scrollLeft0 に設定されます。
  • 指定された値が 0 より小さかったら (右書きの要素では 0 より大きかったら)、 scrollLeft0 に設定されます。
  • 指定された値が、コンテンツがスクロールできる最大値を超えていたら、 scrollLeft は最大値に設定されます。

HTML

<div id="container">
  <div id="content">ボタンをクリックすると右にスライドします。</div>
</div>

<button id="slide" type="button">右へスライド</button>

CSS

#container {
  width: 100px;
  height: 100px;
  border: 1px solid #ccc;
  overflow-x: scroll;
}

#content {
  width: 250px;
  background-color: #ccc;
}

JavaScript

const button = document.getElementById('slide');

button.onclick = function () {
  document.getElementById('container').scrollLeft += 20;
};

結果

仕様書

仕様書 状態 備考
CSS Object Model (CSSOM) View Module
scrollLeft の定義
草案

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報