History

History インターフェイスで、ブラウザーのセッション履歴、つまり現在のページが読み込まれたタブまたはフレームで訪問したページを操作することができます。

プロパティ

History インターフェイスは何もプロパティを継承していません。

length (en-US) 読取専用
現在読み込まれているページを含むセッション履歴の要素数を表す Integer を返します。たとえば、新しいタブで読み込まれたページのこのプロパティは 1 を返します。
scrollRestoration (en-US)
ウェブアプリケーションが履歴の操作で既定のスクロール位置の復元を明示的に設定できるようにします。このプロパティは auto または manual を指定することができます。
state (en-US) 読取専用
履歴スタックの最上位にある状態を表す any の値を返します。これは popstate (en-US) イベントを待たずに状態を確認する方法です。

メソッド

History インターフェイスは何もメソッドを継承していません。

back()
これは非同期メソッドであり、ユーザーがブラウザーの戻るボタンをクリックしたときと同じく、セッション履歴の一つ前のページへ移動します。 history.go(-1) と同等です。
このメソッドを呼び出して、セッション履歴の最初のページを超えて戻っても何の効果もなく、例外が発生することもありません。
forward() (en-US)
これは非同期メソッドであり、ユーザーがブラウザーの次へボタンをクリックしたときと同じく、セッション履歴の一つ次のページへ移動します。これは history.go(1) と同等です。
このメソッドを呼び出して、セッション履歴の直近のページを超えて進んでも何の効果もなく、例外が発生することもありません。
go()
セッション履歴上で、現在のページからの相対位置で識別されるページを非同期に読み出します。たとえば、 -1 は前のページで 1 は次のページです。範囲外の値を指定した場合 (例えば、セッション履歴に以前訪問したページがないときに -1 を指定した場合)、このメソッドは暗黙に何もしません。 go() を引数なし、または 0 の値で呼び出すと、現在のページを再読み込みします。 Internet Explorer では数値の代わりに文字列を指定することで、履歴リストの中の指定した URL へ移動することができます。
pushState()
指定されたデータを指定されたタイトル (および、指定されていれば URL) でセッション履歴に追加します。このデータは DOM においては透過的でないものとして扱われます。シリアライズ可能な JavaScript を指定することができます。詳しくは、 History API での作業を参照してください。
replaceState()
履歴スタックの最新の項目が、指定したデータ、タイトル、指定されていれば URL になるよう更新します。データは DOM では透過的でないものとして扱われます。シリアライズ可能な JavaScript を指定することができます。なお、 Safari 以外のすべてのブラウザーが今のところ title 引数を無視することに注意してください。詳しくは、 History API での作業を参照してください。

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
History の定義
現行の標準 scrollRestoration 属性の追加。
HTML5
History の定義
勧告 初回定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報

  • Window.history プロパティは現在のセッションのヒストリーを返します。