MediaRecorderErrorEvent.error

MediaRecorderErrorEvent インタフェースの読み取り専用の error プロパティは、MediaRecorder インスタンスによってスローされた例外に関する詳細を提供する DOMException オブジェクトです。

Media​Recorder​Error​Event​ が発生した場合、MediaRecordererror イベントハンドラである onerror によって受けた MediaRecorderErrorEvent 内の error プロパティを調べることによって、何が問題であるかをある程度判断できます。

構文

error = MediaRecorderErrorEvent.error;

イベントによって表されるエラーを記述する DOMException。 エラーの name プロパティの値は、仕様で明確に識別されているものも含め、メディア記録の処理中に意味をなすものであればどんな例外でもかまいません。 ここでの説明は一般的なものです。 あなたはそれらが対応するメソッドのリファレンスで起こるかもしれない様々なシナリオにもっと具体的なものを見つけるでしょう。

InvalidStateError
操作が許可されていないコンテキストで操作が試行されたか、削除されたか取り除かれたオブジェクトに対して要求が行われました。
NotSupportedError
指定されたオプションが無効なため、MediaRecorder を作成できませんでした。 message 属性は、もしあれば追加情報を提供するべきです。
SecurityError
MediaStream は記録を禁止するように設定されています。 これは、例えば、ユーザーが入力デバイスを使用するパーミッションを拒否したときに getUserMedia() を使用して取得されたソースの場合などです。 これは、ソースストリームの peerIdentity 制約により、ストリーム内の MediaStreamTrackisolated  としてマークされている場合にも発生します。

この関数は、与えられた MediaStreamMediaRecorder を作成して、データを配列にバッファし、エラーを監視するように構成して、返します。

function recordStream(stream) {
  let recorder = null;
  let bufferList = [];

  try {
    recorder = new MediaRecorder(stream);
  } catch(err) {
    /* レコーダーを作成しようとしたときの例外。 それを扱う */
  }

  recorder.ondataavailable = function(event) {
    bufferList.push(event.data);
  };

  recorder.onerror = function(event) {
    let error = event.error;
  };

  recorder.start(100);  /* バッファあたり 100ms のタイムスライス */
  return recorder;
}

仕様

仕様 状態 コメント
MediaStream Recording
MediaRecorderErrorEvent.error の定義
草案 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報