Navigator.xr

Navigator インターフェイスまたは WorkerNavigator (en-US) インターフェイスによって提供される xr 読み取り専用プロパティは、WebXR Device API へのアクセスに使用できる XRSystem オブジェクトを返します。

構文

const xr = navigator.xr

現在のコンテキストで WebXR Device API とのインターフェイスに使用する XRSystem オブジェクト。 これを使用して、拡張現実や仮想現実の画像をユーザーに提示することができます。

使用上の注意

Window には独自の Navigator のインスタンスがあり、window.navigator または単に navigator としてアクセスできます。 同時に、新しい XRSystem インスタンスも作成され、navigator.xr として navigator インスタンスにアタッチされます。 xr プロパティが存在する場合は、それを使用して WebXR Device API にアクセスできます。

WebXR が利用可能かどうかを判断するには、次のようにします。

if ("xr" in window.navigator) {
  /* WebXR can be used! */
} else {
  /* WebXR isn't available */
}

仕様

仕様 状態 コメント
WebXR Device API
Navigator.xr の定義
草案 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報

  • WebGL API: ウェブの 2D および 3D グラフィック
  • Canvas API: 簡単な 2D グラフィック API