Node.isEqualNode

概要

Node.isEqualNode()は2つのノードが同値かどうかをテストします。それぞれのノードが同じ型で、同じ特性(要素であればIDや子要素の数など)、属性値などを持つ場合、同値と判定されます。比較される内容はノードの型によって異なります。

構文

var isEqualNode = node.isEqualNode(otherNode);
  • otherNode : 同値性を比較する対象の Node

3つの <div> ブロックを作成する例を示します。1つめと3つめは同じ内容と属性を持ち、2番目は異なっています。このとき、isEqualNode() を使ってJavaScriptでノードを比較した結果は以下のようになります。

HTML

<div>最初の要素です。</div>
<div>2番目の要素です。</div>
<div>最初の要素です。</div>

<p id="output"></p>

JavaScript

let output = document.getElementById("output");
let divList  = document.getElementsByTagName("div");

output.innerHTML += "div 0 と div 0 は同じか: " + divList[0].isEqualNode(divList[0]) + "<br/>";
output.innerHTML += "div 0 と div 1 は同じか: " + divList[0].isEqualNode(divList[1]) + "<br/>";
output.innerHTML += "div 0 と div 2 は同じか: " + divList[0].isEqualNode(divList[2]) + "<br/>";

Results

仕様

仕様 ステータス コメント
DOM
Node.isEqualNode の定義
現行の標準

ブラウザー互換性

BCD tables only load in the browser

参考