Notification.Notification()

注:

この機能は Web Worker 内で利用可能です。

安全なコンテキスト用

この機能は一部またはすべての対応しているブラウザーにおいて、安全なコンテキスト (HTTPS) でのみ利用できます。

Notification() コンストラクターは、ユーザー通知を表す新しい Notification オブジェクトのインスタンスを生成します。

構文

var myNotification = new Notification(title, options);

引数

title
通知のためのタイトルを定義します。発火したときにタイトルは通知ウィンドウのトップに表示されます。
options 省略可
通知に適用するカスタム設定を含むオプションオブジェクトです。使用できるオプションは以下のとおりです。
  • dir: 通知を表示する方向です。既定値は auto で、ブラウザーの言語設定の振る舞いが適用されますが、 ltrrtl の値で振る舞いを上書きできます (ただし、ほとんどのブラウザーがこれらの設定を無視しているようですが)。
  • lang: BCP 47 言語タグを表す DOMString を使って指定される通知の言語です。簡単なリファレンスとして ISO 2 letter language codes ページを参照してください。
  • badge: USVString で、通知自体を表示する充分な空間がない場合に通知の表現に使用される画像の URL を指定します。
  • body: DOMString で、タイトルの下側に表示される通知の本文を表します。
  • tag:通知のための識別タグを表す DOMString です。
  • icon:通知の一部として表示されるアイコンのURLを含むUSVString です。
  • image: USVString で、通知に表示される画像の URL を指定します。
  • data: 通知に関連付ける任意のデータです。これはどのデータ型でも可能です。
  • vibrate: 通知が発生したときに端末のバイブレーションハードウェアに通知するバイブレーションパターンです。
  • renotify: 古い通知が新しい通知に置き換えられた後、ユーザーに通知するかどうかを指定する Boolean 値です。既定値は false で、通知しないことを意味します。
  • requireInteraction: 通知が自動的に閉じるのではなく、ユーザーがクリックするか解除するまでアクティブな状態を維持すべきであることを示します。既定値は false です。
  • actions: NotificationAction} の配列で、通知が提示されたときにユーザーが利用できるアクションを表します。これらは、通知自体のコンテキスト内でアクションを実行するために、ユーザーが選択できる選択しです。アクションの名前は、アクションがユーザーによって選択されたことを知らせるために、サービスワーカーの通知ハンドラーに送られます。
  • silent: 通知をサイレントにするかどうかを指定するBoolean 値です。端末の設定にかかわらず、音やバイブレーションを発しないようにします。既定値は false で、サイレントではないことを意味します。

Emogotchi demo (ソースコードを見る) では、私たちが通知を発生させたいときに、 spawnNotification() 関数を実行しています。関数は必要な本文、アイコン、タイトルを指定する引数を受け取り、必要な options オブジェクトを生成して、 Notification() コンストラクターを用いて通知を発生させます。

function spawnNotification(theBody,theIcon,theTitle) {
  var options = {
      body: theBody,
      icon: theIcon
  }
  var n = new Notification(theTitle,options);
}

仕様書

仕様書 状態 備考
Notifications API
Notification() constructor の定義
現行の標準 初回定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

Chrome の注意事項

Chrome 49 以降では、 incognito モードでは通知が動作しません。

{{Page("/en-US/docs/Web/API/Notifications_API", "Chrome notes")}}

Internet Explorer の注意事項

バージョン 38.14352 以降の MS Edge は Notification API に対応しています。 Wikipedia - MS Edge

IE 11 以前では対応していません。

関連情報