PerformanceNavigation

このインターフェイスは Navigation Timing Level 2 仕様では非推奨です。代わりに PerformanceNavigationTiming インターフェイスを使用してください。

従来の PerformanceNavigation インターフェイスは、現在のドキュメントへのナビゲーションがどのように行われたかに関する情報を表します。

このタイプのオブジェクトは、Performance.navigation 読み取り専用属性を呼び出すことによって取得できます。

プロパティ

PerformanceNavigation インターフェイスはプロパティを継承しません。

これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。 PerformanceNavigation.type 読取専用
このページへのナビゲーションがどのように行われたかを示すunsigned short。可能な値は次のとおりです:
TYPE_NAVIGATE (0)
リンク、ブックマーク、フォーム送信、またはスクリプトを使用するか、アドレスバーに URL を入力してページにアクセスしました。
TYPE_RELOAD (1)
このページには、[再読み込み] ボタンをクリックするか、Location.reload() メソッドを介してアクセスしました。
TYPE_BACK_FORWARD (2)
このページには履歴をたどってアクセスしました。
TYPE_RESERVED (255)
その他の方法で。
これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。 PerformanceNavigation.redirectCount 読取専用
ページに到達する前に行われた REDIRECT の数を表す unsigned short

メソッド

Performance インターフェイスはメソッドを継承しません。

これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。 PerformanceNavigation.toJSON()
PerformanceNavigation オブジェクトを表す json オブジェクトを返す jsonizer です。

仕様

仕様書 ステータス コメント
Navigation Timing
PerformanceNavigation の定義
勧告 初期定義

ブラウザの互換性

BCD tables only load in the browser

あわせて参照

  • この型のオブジェクトへのアクセスを許可する Performance
  • PerformanceNavigationTiming (ナビゲーションタイミングレベル 2 の一部) これは実験段階の API です。製品内のコードで使用しないようご注意ください。