Response()

Response() コンストラクターは、新しい Response オブジェクトを生成します。

構文

var myResponse = new Response(body, init);

引数

body 省略可
bodyオブジェクトには、レスポンスの本体を定義する。なお、これは null でも問題ない:
init 省略可
レスポンスに適用したオプションで、カスタム設定したい場合の可能なオプションは、次のとおりです。:
  • status: レスポンス[応答]のステータスコードです。(例: 200
  • statusText: ステータスメッセージは次のようなものです。(例:OKなど)
  • headers: レスポンス[応答]に追加するヘッダーは、ByteString のキーと値のペアか、もしくはHeaders 、または文字どおりの状態で含まれます。(詳細は、HTTP headersを参照)

In our Fetch Response example (see Fetch Response live) we create a new Response object using the constructor, passing it a new Blob as a body, and an init object containing a custom status and statusText:

var myBlob = new Blob();
var init = { "status" : 200 , "statusText" : "SuperSmashingGreat!" };
var myResponse = new Response(myBlob,init);

仕様

Specification Status Comment
Fetch
Response() の定義
現行の標準 Initial definition

ブラウザーの対応

BCD tables only load in the browser

関連情報