ServiceWorkerRegistration.active

ServiceWorkerRegistration インターフェイスの active プロパティは、ServiceWorker.state がアクティブ化中(activating)またはアクティブ化済み(activated)のサービスワーカーを返します。 このプロパティは、最初は null に設定されています。

クライアントの URL が登録のスコープ内にある場合、アクティブワーカーは ServiceWorkerClient (en-US) を制御します(ServiceWorkerContainer.register が最初に呼び出されたときに設定された scope オプション)。

: この機能は Web Worker で使用できます。

: アクティブワーカーが activating になると、ランタイムスクリプトエラーもアクティブワーカーの強制終了もアクティブワーカーが activated になることを妨げません。

構文

var serviceWorker = serviceWorkerRegistration.active;

ServiceWorker オブジェクトのプロパティ(現在アクティブ化中(activating)またはアクティブ化済み(activated)の状態の場合)。

仕様

仕様 状態 コメント
Service Workers
ServiceWorkerRegistration.active の定義
草案 初期定義
 

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報