window.crypto

Window.crypto 読み取り専用プロパティは、グローバルオブジェクトに関連付けられた Crypto オブジェクトを返します。このオブジェクトは、ウェブページが暗号に関連したサービスにアクセスできるようにします。 Window.crypto プロパティ自体は読み取り専用ですが、そのメソッドすべて(加えて子オブジェクトのメソッドと SubtleCrypto )は読み取り専用では有りません。故に polyfill による攻撃に対し脆弱です。

構文

var cryptoObj = window.crypto || window.msCrypto; // for IE 11

Window.crypto プロパティを使用して getRandomValues() メソッドにアクセスする

JavaScript

genRandomNumbers = function getRandomNumbers() {
  var array = new Uint32Array(10);
  window.crypto.getRandomValues(array);

  var randText = document.getElementById("myRandText");
  randText.innerHTML = "The random numbers are: "
  for (var i = 0; i < array.length; i++) {
    randText.innerHTML += array[i] + " ";
  }
}

HTML

<p id="myRandText">The random numbers are: </p>
<button type="button" onClick='genRandomNumbers()'>Generate 10 random numbers</button>

実行結果

仕様

仕様書 策定状況 備考
Web Cryptography API
Window.crypto の定義
勧告 初期定義

ブラウザーの実装状況

BCD tables only load in the browser

関連情報

  • Window グローバルオブジェクト