Window: error イベント

error イベントは、リソースの読み取りに失敗したり、使用できなかったりした場合 — 例えば、スクリプトに実行エラーがあった場合に Window オブジェクトに発生します。

バブリング なし
キャンセル 不可
インターフェイス Event または UIEvent
イベントハンドラープロパティ onerror (en-US)

イベントオブジェクトは、ユーザーインターフェイス要素から生成された場合は UIEvent のインスタンスとなり、それ以外の場合は Event となります。

ライブデモ

HTML

<div class="controls">
  <button id="script-error" type="button">Generate script error</button>
  <img class="bad-img" />
</div>

<div class="event-log">
  <label>Event log:</label>
  <textarea readonly class="event-log-contents" rows="8" cols="30"></textarea>
</div>

JS

const log = document.querySelector('.event-log-contents');

window.addEventListener('error', (event) => {
    log.textContent = log.textContent + `${event.type}: ${event.message}\n`;
    console.log(event)
});

const scriptError = document.querySelector('#script-error');
scriptError.addEventListener('click', () => {
    const badCode = 'const s;';
    eval(badCode);
});

結果

仕様書

仕様書 状態
UI Events 草案

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報

  • Window を対象としたこのイベント: error イベント