Window.frames

ウィンドウ自体を、現在のウィンドウの直接のサブフレームを列挙した配列風オブジェクトとして返します。

構文

frameList = window.frames;
  • frameList は、フレームオブジェクトのリストを返します。これは配列と似ており、 length プロパティを持ち、要素に [i] 表記を使ってアクセスできます。
  • frameList === window は真と評価されます。
  • window.frames 擬似配列の各要素は Window オブジェクトであり、 <frame> または <iframe> の内容に対応します。 (i)frame の DOM 要素ではありません (つまり window.frames[0]document.getElementsByTagName("iframe")[0].contentWindow と同じことです)。
  • 返値についての詳細は、 mozilla.dev.platform のスレッドを参照してください。

var frames = window.frames; // or // var frames = window.parent.frames;
for (var i = 0; i < frames.length; i++) { 
  // frames[i] で各サブフレームに何らかの処理をします
  frames[i].document.body.style.background = "red";
}

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
Window.frames の定義
現行の標準
HTML5
Window.frames の定義
勧告

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
framesChrome 完全対応 1Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 1IE 完全対応 4Opera 完全対応 ≤12.1Safari 完全対応 1WebView Android 完全対応 1Chrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 ≤12.1Safari iOS 完全対応 1Samsung Internet Android 完全対応 1.0

凡例

完全対応  
完全対応