window.history

This translation is in progress.

読み取り専用プロパティWindow.historyは、Historyオブジェクトへの参照を返します。Historyはブラウザのセッション(今開いているタブやそのページが読み込まれているウィンドウで過去に訪れたページの履歴)を操作するインターフェースを提供します。

詳細や使用例については Manipulating the browser history をご覧ください。このページでは特にpushState()メソッドや replaceState()メソッドについてセキュリティの観点から詳しく解説がなされています。これらのメソッドは注意して使う必要があります。

構文

var historyObj = window.history;

history.back();     // 戻るボタンを押したのと同じ効果
history.go(-1);     // history.back();と同等の効果が得られます

注記

For top-level pages you can see the list of pages in the session history, accessible via the History object, in the browser's dropdowns next to the back and forward buttons.

Historyオブジェクトはセッション履歴の他のページのURLへアクセスしようとする許可なきコードはセキュリティ上の理由から禁止しています。ただ、セッション履歴のあいだを行き来することは許可されています。

権限のないコードでセッション履歴を消去したり、戻る/進む操作を無効にしたりする方法はありません。このような機能をどうしても実現したいのならlocation.replace() メソッドを使うのがよいでしょう。このメソッドは現在のセッションを引数のURLに置き換えることができます。

仕様

仕様 状態 コメント
HTML Living Standard
The History interface の定義
現行の標準
HTML5
The History interface の定義
勧告