Window.history

Window.history は読み取り専用プロパティで、 History オブジェクトへの参照を返します。これはブラウザーのセッション履歴 (現在のページが読み込まれているタブまたはフレームで訪れたことがあるページ群) を操作するためのインターフェイスを提供します。

詳細や使用例については、ブラウザーの履歴の操作をご覧ください。特に、このページでは pushState() メソッドと replaceState() メソッドについて、使用する前に気を付けなければならないセキュリティ上の特性を説明しています。

history.back();     // 戻るボタンを押すのと同等
history.go(-1);     // history.back(); と同等

最上位ページにおいて History オブジェクトを通してアクセスできるセッション履歴のページリストは、ブラウザーの「戻る」や「次へ」ボタンの隣にあるドロップダウンで確認することができます。

セキュリティ上の理由から、 History オブジェクトでは権限のないコードがセッション履歴内の他のページの URL にアクセスすることを禁止していますが、セッション履歴の中を移動することは許可しています。

権限のないコードから、セッション履歴を消去したり、前後への移動を無効にしたりする方法はありません。実現可能な最も近い解決策は、 location.replace() (en-US) メソッドでセッション履歴の現在の項目を指定された URL で置き換えることです。

仕様書

仕様 状態 備考
HTML Living Standard
The History interface の定義
現行の標準
HTML5
The History interface の定義
勧告

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser