Window.localStorage

localStorage プロパティはローカルの Storage オブジェクトにアクセスすることができます。 localStorage は sessionStorage (en-US) によく似ています。唯一の違いは、localStorage に保存されたデータには保持期間の制限はなく、sessionStorage に保存されたデータはセッションが終わると同時に(ブラウザが閉じられたときに)クリアされてしまうことです。

localStorageまたはsessionStorageに保存されるデータはそのページのプロトコル固有であることに注意する必要があります。

構文

myStorage = localStorage;

現在のオリジンの local storageスペースにアクセスするのに使用できる Storage オブジェクトを返します。

例外

SecurityError
リクエストがポリシーの決定に反している、またはオリジンが妥当な scheme/host/port tupleでない (これは例えば、オリジンが file:data: スキームを使うときに起こります)。例えば、ユーザーがブラウザー設定で特定オリジンへのデータ永続化のパーミッションを拒否していることもあります。

以下のスニペットでは現在のドメインのローカル Storage オブジェクトにアクセスし、Storage.setItem() を利用してデータを追加しています。

localStorage.setItem('myCat', 'Tom');

localStorage 項目の読み込みの文法は以下の通り:

var cat = localStorage.getItem("myCat");

localStorage 項目の削除の文法は以下の通り:

localStorage.removeItem("myCat");

: 詳細な使用例は Using the Web Storage API の記事を参照してください。

仕様

仕様書 策定状況 コメント
HTML Living Standard
localStorage の定義
現行の標準

ブラウザ実装状況

BCD tables only load in the browser

関連情報