この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

Window インタフェースのパフォーマンスプロパティは、現在のドキュメントに関するパフォーマンス情報を収集するために使用できる Performance オブジェクトを返します。これはパフォーマンスタイムライン API、高解像度時間 API、ナビゲーションタイミング APIユーザータイミング API およびリソースタイミング API の公開ポイントとして機能します。

構文

performanceData = window.performance;

それが公開する API によって提供されるパフォーマンスおよびタイミング関連情報へのアクセスを提供する Performance オブジェクト。

仕様

仕様 ステータス コメント
High Resolution Time
window.performance の定義
勧告 Defines now() method.

ブラウザの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
performanceChrome 完全対応 6Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 7IE 完全対応 9Opera 完全対応 15Safari 完全対応 8WebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 7Opera Android 完全対応 14Safari iOS 完全対応 9Samsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mdnwebdocs-bot, silverskyvicto
最終更新者: mdnwebdocs-bot,