Window: rejectionhandled イベント

rejectionhandled イベントは、 JavaScript の Promise が拒絶されたものの、その後で Promise の拒絶が処理された場合にスクリプトのグローバルスコープ (ふつうは window だが Worker の場合もある) に送られます。これは、 Promise が拒絶されたが拒絶の手助けがないときに送信される unhandledrejection イベントと並行して、デバッグや一般的なアプリケーションの回復に使用できます。

バブリング なし
キャンセル可能 いいえ
インターフェイス PromiseRejectionEvent
イベントハンドラープロパティ onrejectionhandled

rejectionhandled イベントを使用して、拒絶された Promise を、拒絶された理由を添えてコンソールに出力することができます。

window.addEventListener("rejectionhandled", event => {
  console.log("Promise rejected; reason: " + event.reason);
}, false);

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
rejectionhandled の定義
現行の標準 初回定義

ブラウザーの対応

No compatibility data found. Please contribute data for "event.Window.rejectionhandled_event" (depth: 1) to the MDN compatibility data repository.

関連情報