ime-mode

非推奨
この機能はウェブ標準から削除されました。まだ対応しているプラウザーがあるかもしれませんが、ゆくゆくはなくなるものです。使用を避け、できれば既存のコードを更新してください。このページの下部にあるブラウザーの対応を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

ime-mode プロパティは、テキストフィールドで Input Method Editor (以下 IME) をコントロールします。このプロパティは廃止されました。

/* Keyword values */
ime-mode: auto;
ime-mode: normal;
ime-mode: active;
ime-mode: inactive;
ime-mode: disabled;

/* Global values */
ime-mode: inherit;
ime-mode: initial;
ime-mode: unset;

ime-modeは、一部のブラウザーで無秩序に実装されたプロパティです。これは、Microsoft が独自の拡張機能として Internet Explorer 5 で導入したものです。-ms-ime-mode Attribute | imeMode Property

Note: 一般的に、パブリックなWebサイトがIMEモードを変更することは適切ではありません。 このプロパティは、プライベートなWebアプリケーションでのみ使用すべきです。また、以前にレガシーコードで設定されていた場合は、プロパティを元に戻すべきです。

初期値auto
適用対象テキストフィールド
継承なし
計算値指定値
アニメーションの種類個別

構文

auto
現在の IME の状態を変更しません。これはデフォルトの設定です。
normal
IME の状態を通常の状態に変更します。この値はユーザースタイルシートでウェブページが指定した値を上書きするために用意されました。 この値は Internet Explorer ではサポートされていません。
active
コンテンツがフォーカスを得た時に IME は自動的にオンになります。ユーザーがオフにしない限りテキスト入力には IME が使用されます。 Linux ではサポートされていません。
inactive
コンテンツがフォーカスを得た時に IME は自動的にオフに設定されますが、ユーザーは任意で IME をオンにする事ができます。 Linux ではサポートされていません。
disabled
IME は無効にされます。ユーザーによって IME をオンにする事はできません。

公式の構文

auto | normal | active | inactive | disabled

この例は、フィールドの IME のサポートを無効にします。これは、 拡張文字セットをサポートしていないデータベースにデータを入力するフィールドの一般的なプラクティスでした。

<input type="text" name="name" value="initial value" style="ime-mode: disabled">

拡張文字がフォームを通過しないように IME を無効にすることに依存しないでください。 IME を無効にしても、拡張文字をフォームのフィールドに貼り付けることはできます。

注記

Firefox の ime-mode は Internet Explorer と異なり、<input type="password"> にも適用できます。しかしこれはユーザーの使い勝手にはマイナスの影響を与えます。パスワードフィールドでは IME は有効にされるべきではありません。ユーザーは以下の CSS をユーザースタイルシートに挿入する事で推奨された設定に従わないサイトの動作を修正する事ができます:

input[type=password] {
  ime-mode: auto !important;
}

Gecko 1.9 の Mac 版では、disabled に設定されたエディターがフォーカスを失う際に、IME の状態をフォーカスを得る直前の状態には戻りません。そのため、Mac ユーザーは disabled 値を利用したフォームの利用に苛立ちを覚えるかもしれません。

仕様書

仕様 状態 コメント
CSS Basic User Interface Module Level 3
ime-mode の定義
勧告 初期の定義

ブラウザー互換性

BCD tables only load in the browser