<dt>: 説明用語要素

HTML の <dt> 要素は、説明又は定義リストの中で用語を表す部分であり、 <dl> の子要素としてのみ用いることができます。普通は <dd> 要素が続きます。しかし、複数の <dt> 要素が続くと、複数の用語がすぐ後に続く <dd> 要素で定義されていることを表します。

後に続く <dd> (詳細説明) 要素は、 <dt> を用いて指定した用語について、定義やその他の関連する文字列を表します。

コンテンツカテゴリ なし
許可されている内容 フローコンテンツ。ただし <header><footer>、区分コンテンツ、見出しコンテンツを除く。
タグの省略 開始タグは必須。他の <dt> または <dd> 要素が後続する場合、もしくは親要素である <dl> 要素内に後続する要素がない場合に、終了タグが省略可能となる。
許可されている親要素 <dl> または (WHATWG HTML において) <dl> の中にある <div> の内部における、 <dt> または <dd> の前。
許可されている ARIA ロール なし
DOM インターフェイス HTMLElement。 Gecko 1.9.2 (Firefox 4) 以前では、 Firefox はこの要素に対し HTMLSpanElement インターフェイスを実装していました。

属性

この要素はグローバル属性のみを持ちます。

使用例は、 <dl> 要素の例を参照して下さい。

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報