<font>

廃止
この機能は廃止されました。まだいくつかのブラウザーで動作するかもしれませんが、いつ削除されてもおかしくないので、使わないようにしましょう。

概要

フォント要素<font>)はその内包するテキストの、フォントサイズ、文字色、使用フォントを定義します。

使用上の注意:

この要素は使用しないで下さい! この要素は HTML 3.2 で一度仕様に取り込まれましたが、HTML 4.01 で他の外見のみに関するすべての要素とともに非推奨要素とされ、 HTML5 で廃止されています。

HTML 4 になって、 HTML ではスタイルに関する情報を扱わなくなりました(<style> 要素や各要素の style 属性は例外)。新規のウェブ開発では、スタイルは CSS のみを用いて記述するべきです。

以前の <font> 要素の動きは、 CSS の CSS Fonts でより良い形で実現できます。

属性

他のすべての HTML 要素と同様に、この要素は グローバル属性に対応しています。

color
色名または #RRGGBB 形式のカラーコードでテキストの色を指定します。
face
フォント名を 1 つ、またはカンマで区切って複数指定します。複数記述した場合は、表示可能なフォントの内で最初のものが優先されます。指定したフォントが全てローカルのシステム内にインストールされていない場合は、システムで設定されている等幅フォントかプロポーショナルフォントが適用されます。
size
フォントサイズとして、数値または相対値キーワードを指定します。 数値の場合の範囲は 1 から 7 で、1 が最小、3 が初期値となります。 「+2」、「-3」の様に、<basefont> 要素の size 属性の値、もしくは初期値である 3 を基準とする相対値で記述する事も可能です。

DOM インターフェース

この要素は HTMLFontElement インターフェースを提供します。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser