<option>: HTML 選択肢要素

HTML の <option> 要素は、 <select> 要素、<optgroup> 要素、<datalist> 要素内で項目を定義するために使われます。したがって、<option> は HTML 文書でポップアップメニューのメニュー項目や、その他の項目の一覧を表すことができます。

コンテンツカテゴリ なし
許可されている内容 エスケープされた文字 (例えば &eacute;) を含むテキスト
タグの省略 開始タグは必須。直後に他の <option> 要素または <optgroup> 要素がある場合、または親要素が他に内容を持たない場合は終了タグを省略可能。
許可されている親要素 <select> 要素、<optgroup> 要素、<menu> 要素。
暗黙の ARIA ロール option
許可されている ARIA ロール 許可されている role なし
DOM インターフェイス HTMLOptionElement

属性

この要素はグローバル属性を持ちます。

disabled
この論理属性を設定すると、選択肢が選択不能になります。多くのブラウザーはそのようなコントロールをグレーアウトで表示し、マウスクリックやフォーカスなど、いかなるイベントも受け付けなくなります。この属性を設定していなくても、祖先のいずれかが無効状態の <optgroup> 要素である場合は無効化されます。
label
この属性は、選択肢の意味を示すラベル文字列です。 label 属性を定義していない場合は、要素の文字列コンテンツが要素の値になります。
selected
この論理属性を設定すると、その選択肢が初期状態で選択されます。<option> 要素が multiple を設定していない <select> 要素の子孫である場合、<select> 要素内で1個の <option> だけが selected 属性を持てます。
value
この属性の内容は、フォームで送信する値を表します。値を送信するには、選択肢を選択しなければなりません。この属性を省略すると、 option 要素の中の文字列が値になります。

<select> 要素の例をご覧ください。

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
<option> の定義
現行の標準
HTML5
<option> の定義
勧告
HTML 4.01 Specification
<option> の定義
勧告 初回定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報