Accept-CH

安全なコンテキスト用
この機能は一部またはすべての対応しているブラウザーにおいて、安全なコンテキスト (HTTPS) でのみ利用できます。

これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

Accept-CH ヘッダーはサーバーによって設定され、クライアントが後続のリクエストに含めるクライアントヒントヘッダーを指定します。

ヘッダー種別 レスポンスヘッダー
禁止ヘッダー名 ?

注: クライアントヒントには、安全なオリジン (TLS 経由) でのみアクセスできます。 Accept-CH ヘッダーと Accept-CH-Lifetime ヘッダーは、クライアントヒントが確実に送信されるように、すべての安全なリクエストに対して保持する必要があります。

構文

Accept-CH: <list of client hints>

Accept-CH: DPR, Viewport-Width
Accept-CH: Width
Accept-CH-Lifetime: 86400
Vary: DPR, Viewport-Width, Width

注: 受け入れられたクライアントのヒントに基づいて、レスポンスを変更することを忘れないでください。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報