HTTP のリソースと仕様書

HTTP が最初に規定されたのは 1990 年代初頭のことです。拡張性を念頭に置いて設計されていますが、何年にもわたって何度も追加されてきました。このため、その仕様は多くの仕様書に散在しています (実験的に放棄された拡張の中に埋もれています)。このページでは、HTTP に関連するリソースをリストアップしています。

仕様書 表題 状態
RFC 7230 Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Message Syntax and Routing 標準化への提唱
RFC 7231 Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Semantics and Content 標準化への提唱
RFC 7232 Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Conditional Requests 標準化への提唱
RFC 7233 Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Range Requests 標準化への提唱
RFC 7234 Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Caching 標準化への提唱
RFC 5861 HTTP Cache-Control Extensions for Stale Content 情報提供
RFC 8246 HTTP Immutable Responses 標準化への提唱
RFC 7235 Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Authentication 標準化への提唱
RFC 6265 HTTP State Management Mechanism
Defines Cookies
標準化への提唱
草稿仕様 Cookie Prefixes IETF 草稿
草稿仕様 Same-Site Cookies IETF 草稿
草稿仕様 Deprecate modification of 'secure' cookies from non-secure origins IETF 草稿
RFC 2145 Use and Interpretation of HTTP Version Numbers 情報提供
RFC 6585 Additional HTTP Status Codes 標準化への提唱
RFC 7538 The Hypertext Transfer Protocol Status Code 308 (Permanent Redirect) 標準化への提唱
RFC 7725 An HTTP Status Code to Report Legal Obstacles 標準化過程
RFC 2397 The "data" URL scheme 標準化への提唱
RFC 3986 Uniform Resource Identifier (URI): Generic Syntax インターネット標準
RFC 5988 Web Linking
Defines the Link header
標準化への提唱
実験的仕様 Hypertext Transfer Protocol (HTTP) Keep-Alive Header 情報提供 (有効期限切れ)
草稿仕様 HTTP Client Hints IETF 草稿
RFC 7578 Returning Values from Forms: multipart/form-data 標準化への提唱
RFC 6266 Use of the Content-Disposition Header Field in the Hypertext Transfer Protocol (HTTP) 標準化への提唱
RFC 2183 Communicating Presentation Information in Internet Messages: The Content-Disposition Header Field
Content-Disposition ヘッダーの構文のサブセットのみが HTTP メッセージのコンテキストで利用できます。
標準化への提唱
RFC 7239 Forwarded HTTP Extension 標準化への提唱
RFC 6455 The WebSocket Protocol 標準化への提唱
RFC 5246 The Transport Layer Security (TLS) Protocol Version 1.2
この仕様は後続の RFC によって修正されていますが、これらの修正は HTTP プロトコルに影響を与えていません。
標準化への提唱
RFC 8446 The Transport Layer Security (TLS) Protocol Version 1.3
TLS 1.2 を置き換え
IETF 草稿
RFC 2817 Upgrading to TLS Within HTTP/1.1 標準化への提唱
RFC 7540 Hypertext Transfer Protocol Version 2 (HTTP/2) 標準化への提唱
RFC 7541 HPACK: Header Compression for HTTP/2 標準化過程
RFC 7838 HTTP Alternative Services 標準化過程
RFC 7301 Transport Layer Security (TLS) Application-Layer Protocol Negotiation Extension
余分なリクエスト/レスポンスのラウンドトリップを節約するために、トランスポートで HTTP/2 をネゴシエートするために使用されます。
標準化への提唱
RFC 6454 The Web Origin Concept 標準化への提唱
Fetch
CORS の定義
Cross-Origin Resource Sharing 現行の標準
RFC 7034 HTTP Header Field X-Frame-Options 情報提供
RFC 6797 HTTP Strict Transport Security (HSTS) 標準化への提唱
Upgrade Insecure Requests Upgrade Insecure Requests 勧告候補
Content Security Policy 1.0 Content Security Policy 1.0
CSP 1.1 および CSP 3.0 は HTTP 標準を拡張するものではありません
廃止された
マイクロソフト文章 Specifying legacy document modes*
X-UA-Compatible の定義
Note
RFC 5689 HTTP Extensions for Web Distributed Authoring and Versioning (WebDAV)
これらのウェブの拡張機能は、 CardDAV や CalDAV と同様、ウェブ上の HTTP の対象外です。最近のアプリケーションの API は、 RESTful パターンを使って定義されています。
標準化への提唱
RFC 2324 Hyper Text Coffee Pot Control Protocol (HTCPCP/1.0) エイプリルフール冗談仕様
RFC 7168 The Hyper Text Coffee Pot Control Protocol for Tea Efflux Appliances (HTCPCP-TEA) エイプリルフール冗談仕様
HTML Living Standard HTML
Server-Sent Event のための HTTP 拡張を定義
現行の標準
Tracking Preference Expression DNT header 編集者草稿 / 勧告候補
Reporting API Report-To header 草稿
草稿仕様 Expect-CT Extension for HTTP IETF 草稿