DataView.prototype.setFloat32()

概要

DataViewの開始位置から特定のバイトオフセットで符号付き 32-bit float (float) を設定します。

構文

dataview.setFloat32(byteOffset, value [, littleEndian])

引数

byteOffset
データを設定するビューの開始位置からのバイトオフセット
value
設定する値
littleEndian
Optional 32-bit float がlittle- or big-endian フォーマットで設定されているかどうかを表しています。falseかundefinedの場合、ビッグエンディアン値が設定されます。

エラースロー

RangeError
ビューの終わりを越えて読み込まれるようにbyteOffsetが設定されている場合、スローされます。

setFloat32 メソッドの使い方

var buffer = new ArrayBuffer(8);
var dataview = new DataView(buffer);
dataview.setFloat32(1, 3);
dataview.getFloat32(1); // 3

仕様

仕様 ステータス コメント
Typed Array Specification Obsolete Superseded by ECMAScript 6.
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
DataView.prototype.setFloat32 の定義
標準 Initial definition in an ECMA standard.

ブラウザ実装状況

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 9.0 15.0 (15.0) 10 12.1 5.1
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 4.0 (有) 15.0 (15) ? 12.0 4.2

関連情報