Function.prototype.toSource()

廃止
この機能は廃止されました。まだいくつかのブラウザーで動作するかもしれませんが、いつ削除されてもおかしくないので、使わないようにしましょう。

toSource() メソッドは、オブジェクトのソースコードを表す文字列を返します。このメソッドは通常、コード中で明示的に呼び出されるのではなく、 JavaScript から内部的に呼び出されます。デバッグ中にオブジェクトの内容を調査する目的で toSource() を呼び出すことができます。

構文

function.toSource();

返値

オブジェクトのソースコードを表す文字列です。

解説

ネイティブ関数

組込みの Function オブジェクトでは、 toSource() は次の文字列を返してソースコードが使用できないことを示します。

function Function() {
  [native code]
}

独自の関数

独自に作成した関数では、 toSource() はオブジェクトを定義する JavaScript のソースコードを文字列として返します。

// 例:
function hello() {
  console.log("Hello, World!");
}

hello.toSource();
// 結果:
"function hello() {
    console.log(\"Hello, World!\");
}"

仕様書

いずれの標準仕様でも定義されていません。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報