Math.abs()

Math.abs() 関数は、数値の絶対値を返します。

Math.abs(x)=|x|={xifx>00ifx=0-xifx<0{\mathtt{\operatorname{Math.abs}(z)}} = {|z|} = \begin{cases} x & \text{if} \quad x \geq 0 \\ x & \text{if} \quad x < 0 \end{cases}

構文

Math.abs(x)

引数

x
数値です。

返値

与えられた数値の絶対値。

解説

abs()Math オブジェクトの静的メソッドなので、 Math オブジェクトを生成してメソッドとして使用するのではなく、常に Math.abs() として使用するようにしてください (Math はコンストラクターではありません)。

Math.abs() の動作

空のオブジェクト、複数のメンバーを持つ配列、数値でない文字列、 undefined、 空の変数を渡すと、 NaN を返します。 null を渡すと空文字列を返し、空の配列は 0 を返します。

Math.abs('-1');     // 1
Math.abs(-2);       // 2
Math.abs(null);     // 0
Math.abs('');       // 0
Math.abs([]);       // 0
Math.abs([2]);      // 2
Math.abs([1,2]);    // NaN
Math.abs({});       // NaN
Math.abs('string'); // NaN
Math.abs();         // NaN

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Math.abs の定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
absChrome 完全対応 1Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 1IE 完全対応 3Opera 完全対応 3Safari 完全対応 1WebView Android 完全対応 1Chrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 10.1Safari iOS 完全対応 1Samsung Internet Android 完全対応 1.0nodejs 完全対応 0.1.100

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報