Math.acos()

Math.acos() 関数は、引数として与えた数値の逆余弦 (アークコサイン) をラジアン単位で返します。

x[-1;1],Math.acos(x)=arccos(x)= the unique y[0;π]such thatcos(y)=x\forall x \in [{-1};1],\;\mathtt{\operatorname{Math.acos}(x)} = \arccos(x) = \text{ the unique } \; y \in [0; \pi] \, \text{such that} \; \cos(y) = x

構文

Math.acos(x)

引数

x
コサインを表す数値で、 x-11 の間です。

返値

与えられた数値が -1 から 1 までの場合、その逆余弦 (アークコサイン) をラジアン単位で返します。それ以外の場合は NaN を返します。

解説

Math.acos() メソッドは、-1 から 1 までの x に対して、0 から π までのラジアンの数値を返します。x の値がこの範囲を越えている場合、このメソッドは NaN を返します。

acos()Math の静的メソッドであるため、生成した Math オブジェクトのメソッドとしてではなく、常に Math.acos() として使用するようにしてください (Math はコンストラクターではありません)。

Math.acos() の使用

Math.acos(-2);  // NaN
Math.acos(-1);  // 3.141592653589793
Math.acos(0);   // 1.5707963267948966
Math.acos(0.5); // 1.0471975511965979
Math.acos(1);   // 0
Math.acos(2);   // NaN

値が -1 未満か 1 より大きい数値の場合、Math.acos()NaN を返します。

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Math.acos の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報