Math.max()

Math.max() 関数は、入力引数として与えられた0個以上の数値のうち最大の数を返します。

構文

Math.max([value1[, value2[, ...]]])

引数

value1, value2, ...
数値です。

返値

与えられた数のうちの最大の値です。何れかの引数が NaN であったり、数値に変換することができなかった場合は NaN を返します。

解説

Math はコンストラクターではないので、 max()Math の静的メソッドです (常に Math インスタンスのメソッドとしてではなく、 Math.min() として使用してください)。

-Infinity は他のすべての数値よりも小さいため初期の比較対象となっており、そのため引数が与えられなかった場合は -Infinity が返されます。

何れかの引数が NaN であったり、数値に変換することができなかった場合、結果は NaN になります。

Math.max() の使用

Math.max(10, 20);   //  20
Math.max(-10, -20); // -10
Math.max(-10, 20);  //  20

配列の最大値の取得

Array.reduce() を使用して、数値の配列の中にある最大値の要素を、それぞれの値を比較して探し出すことができます。

var arr = [1,2,3];
var max = arr.reduce(function(a, b) {
    return Math.max(a, b);
});

次の関数では Function.prototype.apply() を使用して配列の最大値を取得します。 getMaxOfArray([1, 2, 3])Math.max(1, 2, 3) と同等ですが、 getMaxOfArray() はプログラム的に構築された配列に使用することができます。これは比較的要素が少ない配列に対して使用してください。

function getMaxOfArray(numArray) {
  return Math.max.apply(null, numArray);
}

新しいスプレッド演算子で、 apply によって配列の最大値を得る方法をより短く書くことができます。

var arr = [1, 2, 3];
var max = Math.max(...arr);

しかし、スプレッド構文の (...) と apply のどちらも、配列に膨大な要素があった場合は、配列の要素を関数の引数として渡そうとするため、失敗したり、誤った結果を返したりすることがあります。詳しくは apply をビルトイン関数と共に利用するを参照してください。 reduce の方法はこの問題が発生しません。

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報