Math.pow()

Math.pow() 関数は baseexponent 乗した値、つまり、baseexponent の値を返します。

構文

Math.pow(base, exponent)

引数

base
底となる数です。
exponent
base を累乗する指数です。

返値

指定された低を指定された指数だけ累乗したものを表す数値です。

解説

Math.pow() 関数は baseexponent 乗、すなわち baseexponent を返します。 baseexponent は10進数の数値です。

pow()Math の静的メソッドなので、常に Math.pow() として使用し、自分で Math オブジェクトを生成してそのメソッドとして使用しないでください。 (Math にはコンストラクターがありません)。

Math.pow() の使用

// 単純
Math.pow(7, 2);    // 49
Math.pow(7, 3);    // 343
Math.pow(2, 10);   // 1024
// 小数のべき乗
Math.pow(4, 0.5);  // 2 (4 の平方根)
Math.pow(8, 1/3);  // 2 (8 の立方根)
Math.pow(2, 0.5);  // 1.4142135623730951 (2 の平方根)
Math.pow(2, 1/3);  // 1.2599210498948732 (2 の立方根)
// 負の数のべき乗
Math.pow(7, -2);   // 0.02040816326530612 (1/49)
Math.pow(8, -1/3); // 0.5
// 負の数の底
Math.pow(-7, 2);   // 49 (2乗は正の数)
Math.pow(-7, 3);   // -343 (3乗は負の数)
Math.pow(-7, 0.5); // NaN (負の数には実数の平方根がない)
// due to "even" and "odd" roots laying close to each other,
// and limits in the floating number precision,
// negative bases with fractional exponents always return NaN
Math.pow(-7, 1/3); // NaN

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Math.pow の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報