Math.sign()

Math.sign() 関数は、引数として渡された数値の符号がかを表す +/- 1 を返します。 Math.sign() に渡された数が 0 であれば、 +/- 0 を返します。なお、数値が正である場合、明示的な (+) は返されません

構文

Math.sign(x)

引数

x
数値です。引数が number ではない場合は、暗黙に変換されます。

返値

与えられた引数の符号を表す数値です。

  • 引数が正の値の場合は、 1 を返します。
  • 引数が負の値の場合は、 -1 を返します。
  • 引数が正のゼロの場合は、 0 を返します。
  • 引数が負のゼロの場合は、 -0 を返します。
  • それ以外は NaN を返します。

解説

sign()Math の静的メソッドなので、常に Math.sign() として使用し、自分で Math オブジェクトを生成してそのメソッドとして使用しないでください。 (Math にはコンストラクターがありません)。

ポリフィル

if (!Math.sign) {
  Math.sign = function(x) {
    // If x is NaN, the result is NaN.
    // If x is -0, the result is -0.
    // If x is +0, the result is +0.
    // If x is negative and not -0, the result is -1.
    // If x is positive and not +0, the result is +1.
    return ((x > 0) - (x < 0)) || +x;
    // A more aesthetic pseudo-representation:
    //
    // ( (x > 0) ? 1 : 0 )  // if x is positive, then positive one
    //          +           // else (because you can't be both - and +)
    // ( (x < 0) ? -1 : 0 ) // if x is negative, then negative one
    //         ||           // if x is 0, -0, or NaN, or not a number,
    //         +x           // then the result will be x, (or) if x is
    //                      // not a number, then x converts to number
  };
}

上記のポリフィルでは (x > 0)(x < 0) の数値を互いに減算することで、真偽値から数値型へ強制的に型変換されるため、追加の型強制は必要ありません。

Math.sign() の使用

Math.sign(3);     //  1
Math.sign(-3);    // -1
Math.sign('-3');  // -1
Math.sign(0);     //  0
Math.sign(-0);    // -0
Math.sign(NaN);   // NaN
Math.sign('foo'); // NaN
Math.sign();      // NaN

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Math.sign の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報