Math.tan()

Math.tan() 関数は、数値のタンジェントを返します。

構文

Math.tan(x)

引数

x
数値です。

返値

与えられた数値のタンジェントです。

解説

Math.tan() メソッドは、ある角度のタンジェントを表す数値を返します。

tan()Math の静的メソッドであるため、生成した Math オブジェクトのメソッドとしてではなく、常に Math.tan() として使用するようにしてください (Math はコンストラクターではありません)。

Math.tan() の使用

Math.tan(1); // 1.5574077246549023

Math.tan() 関数はラジアンを受け付けますが、角度で使用したほうが簡単な場合が多いので、次の関数は角度の値を受け付け、それをラジアンに変換してタンジェントを返します。

function getTanDeg(deg) {
  var rad = deg * Math.PI/180;
  return Math.tan(rad);
}

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Math.tan の定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
tanChrome 完全対応 1Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 1IE 完全対応 3Opera 完全対応 3Safari 完全対応 1WebView Android 完全対応 1Chrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 10.1Safari iOS 完全対応 1Samsung Internet Android 完全対応 1.0nodejs 完全対応 0.1.100

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報