Number.prototype.toExponential()

toExponential() メソッドは Number オブジェクトを指数表記で表した文字列を返します。

構文

numObj.toExponential([fractionDigits])

引数

fractionDigits
任意です。小数点の後の桁数を指定する整数です。既定値はその数を表すのに必要な数の桁です。

返値

Number オブジェクトを、指数表記 (小数点前は 1 桁、小数点の後は fractionDigits によって指定された桁で切り捨て) で表した文字列です。

例外

RangeError
fractionDigits が小さすぎたり大きすぎたりした場合。 0 以上 20 以下の値では RangeError が発生しません。実装によっては、より大きな値や小さな値に対応しているかもしれません。
TypeError
このメソッドが Number ではないオブジェクトに対して呼び出された場合。

解説

fractionDigits 引数が省略された場合、小数点の後の桁数は、その値を特定するのに必要な桁数になります。

toExponential メソッドを 1 つの数値リテラル、または、指数も小数点もない数値リテラルに対して使用する場合、ドットが小数点として解釈されることを防ぐために、メソッド呼び出しに先立つドットの前に空白を置いてください。

引数 fractionDigits で指定された桁よりも多くの桁を持っている数の場合、その数は、fractionDigits の桁で表すことができる最も近い数で表されます。toFixed() メソッドの説明における概数表現の説明を参照してください。それは、toExponential メソッドにも適用されます。

toExponential の使用

var numObj = 77.1234;

console.log(numObj.toExponential());  // 7.71234e+1 を表示
console.log(numObj.toExponential(4)); // 7.7123e+1 を表示
console.log(numObj.toExponential(2)); // 7.71e+1 を表示
console.log(77.1234.toExponential()); // 7.71234e+1 を表示
console.log(77 .toExponential());     // 7.7e+1 を表示

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Number.prototype.toExponential の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報