Number.prototype.toExponential()

toExponential() メソッドは Number オブジェクトを指数表記で表した文字列を返します。

構文

numObj.toExponential([fractionDigits])

引数

fractionDigits
任意です。小数点の後の桁数を指定する整数です。既定値はその数を表すのに必要な数の桁です。

戻り値

Number オブジェクトを、指数表記(小数点前は 1 桁、小数点の後は fractionDigits によって指定された桁で切り捨て)で表した文字列です。

例外

RangeError
fractionDigits がとても小さかったりとても大きい値だった場合。値が 0 から 20 の間の場合は RangeError は発生しません。実装上はその範囲を超えた値もサポートできます。
TypeError
このメソッドが Number 以外のオブジェクトに対して呼び出された場合。

説明

fractionDigits 引数が省略された場合、小数点の後の桁数は、その値を特定するのに必要な桁数になります。

toExponential メソッドを 1 つの数値リテラル、または、指数も小数点もない数値リテラルに対して使用する場合、ドットが小数点として解釈されることを防ぐために、メソッド呼び出しに先立つドットの前に空白を置いてください。

引数 fractionDigits で指定された桁よりも多くの桁を持っている数の場合、その数は、fractionDigits の桁で表すことができる最も近い数で表されます。toFixed() メソッドの説明における概数表現の説明を参照してください。それは、toExponential メソッドにも適用されます。

toExponential を使う

var numObj = 77.1234;

console.log(numObj.toExponential());  // 7.71234e+1 を表示します。
console.log(numObj.toExponential(4)); // 7.7123e+1 を表示します。
console.log(numObj.toExponential(2)); // 7.71e+1 を表示します。
console.log(77.1234.toExponential()); // 7.71234e+1 を表示します。
console.log(77 .toExponential());     // 7.7e+1 を表示します。

仕様

仕様書 策定状況 コメント
ECMAScript 3rd Edition (ECMA-262) 標準 初期定義です。JavaScript 1.5 で実装されました。
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
Number.prototype.toExponential の定義
標準  
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Number.prototype.toExponential の定義
標準  
ECMAScript Latest Draft (ECMA-262)
Number.prototype.toExponential の定義
ドラフト  

ブラウザー実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
toExponentialChrome 完全対応 ありEdge 完全対応 12Firefox 完全対応 1IE 完全対応 ありOpera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 ありnodejs 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報