Object.prototype.toSource()

この記事は翻訳が完了していません。 この記事の翻訳にご協力ください

非標準
この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

オブジェクトのソースコードを表す文字列を返します。

構文

Object.toSource();
obj.toSource();

戻り値

オブジェクトのソースコードを表す文字列

説明

toSource メソッドは以下の値を返します。

  • 組み込みの Boolean オブジェクトに対しては、toSource はソースコードが利用不可能なことを示す以下の文字列を返します。
function Boolean() {
   [native code]
}
  • Boolean のインスタンスに対しては、toSource はソースコードを表す文字列を返します。

You can call toSource() while debugging to examine the contents of an object.

Overriding the toSource() method

It is safe for objects to override the toSource() method. For example:

function Person(name) {
  this.name = name;
}

Person.prototype.toSource = function Person_toSource() {
  return 'new Person(' + uneval(this.name) + ')';
};

console.log(new Person('Joe').toSource()); // ---> new Person("Joe")

Built-in toSource() methods

Each core JavaScript type has its own toSource() method. These objects are:

Limitations on cyclical objects

In the case of objects that contain references to themselves, e.g. a cyclically linked list or a tree that can be traversed both ways, toSource() will not recreate the self-reference, as of Firefox 24. For example:

var obj1 = {};
var obj2 = { a: obj1 };
obj1.b = obj2;

console.log('Cyclical: ' + (obj1.b.a == obj1));

var objSource = obj1.toSource(); // returns "({b:{a:{}}})"

obj1 = eval(objSource);

console.log('Cyclical: ' + (obj1.b.a == obj1));

If a cyclical structure is employed and toSource() is needed, the object must provide an override to toSource(), either using a reference to a constructor or providing an anonymous function.

Using toSource()

The following code defines the Dog object type and creates theDog, an object of type Dog:

function Dog(name, breed, color, sex) {
  this.name = name;
  this.breed = breed;
  this.color = color;
  this.sex = sex;
}

theDog = new Dog('Gabby', 'Lab', 'chocolate', 'female');

Calling the toSource() method of theDog displays the JavaScript source that defines the object:

theDog.toSource();
// returns ({name:"Gabby", breed:"Lab", color:"chocolate", sex:"female"})

仕様

Not part of any standard. Implemented in JavaScript 1.3.

ブラウザ実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
toSource
非推奨非標準
Chrome 未対応 なしEdge 未対応 なしFirefox 未対応 1 — 74
補足
未対応 1 — 74
補足
補足 Starting in Firefox 74, toSource() is no longer available for use by web content. It is still allowed for internal and privileged code.
IE 未対応 なしOpera 未対応 なしSafari 未対応 なしWebView Android 未対応 なしChrome Android 未対応 なしFirefox Android 完全対応 4Opera Android 未対応 なしSafari iOS 未対応 なしSamsung Internet Android 未対応 なしnodejs 未対応 なし

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
非標準。ブラウザー間の互換性が低い可能性があります。
非標準。ブラウザー間の互換性が低い可能性があります。
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。
実装ノートを参照してください。
実装ノートを参照してください。

参照