RangeErrorオブジェクトは値が配列内に存在しない、または値が許容範囲にない場合のエラーを表します。

構文

new RangeError([message[, fileName[, lineNumber]]])

引数

message
オプション。人が読めるエラーの説明
fileName
オプション。例外を引き起こしたコードを含むファイル名
lineNumber
オプション。例外を引き起こしたコードの行番号

説明

RangeErrorは、関数に対して引数として許容されない範囲の数値を渡そうとした場合に投げられます。許容されない文字を含む文字列を String.prototype.normalize()に渡した場合や、 Arrayコンストラクタで不正な長さの配列を作ろうとした場合、又は数値に関するメソッドNumber.toExponential()Number.toFixed()、 又は Number.toPrecision()に不適切な値を渡した場合に発生するでしょう。

プロパティ

RangeError.prototype
RangeErrorオブジェクトにプロパティを追加することができます。

メソッド

グローバルな RangeError オブジェクトは、自分自身のメソッドを持っていませんが、プロトタイプチェーンを通していくつかのメソッドを継承しています。

RangeError インスタンス

プロパティ

メソッド

RangeError プロトタイプオブジェクトが自身のメソッドを何も持っていなくても、 RangeError インスタンスはプロトタイプチェーンを通していくつかのメソッドを継承しています。

RangeErrorの使用(数値に対して)

function check(n)
{
    if(!(n >= -500 && n <= 500))
    {
        throw new RangeError("The argument must be between -500 and 500.");
    }
}

try
{
    check(2000);
}
catch(error)
{
    if(error instanceof RangeError)
    {
        // Handle the error.
    }
}

RangeErrorの使用 (数値以外に対して)

function check(value)
{
    if(["apple", "banana", "carrot"].includes(value) === false)
    {
        throw new RangeError("The argument must be an \"apple\", \"banana\", or \"carrot\".");
    }
}

try
{
    check("cabbage");
}
catch(error)
{
    if(error instanceof RangeError)
    {
        // Handle the error.
    }
}

 

 

仕様

Specification Status Comment
ECMAScript 3rd Edition (ECMA-262) 標準 初期定義
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
RangeError の定義
標準  
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
RangeError の定義
標準  
ECMAScript Latest Draft (ECMA-262)
RangeError の定義
ドラフト  

ブラウザ互換性

 

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
RangeErrorChrome 完全対応 ありEdge 完全対応 ありFirefox 完全対応 1IE 完全対応 ありOpera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 ありnodejs 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

参照

ドキュメントのタグと貢献者

最終更新者: yumetodo,