Reflect.ownKeys()

静的な Reflect.ownKeys() メソッドは、 target オブジェクトが持つプロパティキーの配列を返します。

構文

Reflect.ownKeys(target)

引数

target
キーを取得する対象のオブジェクト

返値

target オブジェクトが持つプロパティキーの Array

例外

TypeError: targetObject ではない場合

解説

Reflect.ownKeys メソッドは、対象のオブジェクトが持つプロパティキーの配列を返します。この返値は、Object.getOwnPropertyNames(target).concat(Object.getOwnPropertySymbols(target)) と同じです。

Reflect.ownKeys() の使用

Reflect.ownKeys({z: 3, y: 2, x: 1})  // [ "z", "y", "x" ]
Reflect.ownKeys([])                  // ["length"]

let sym = Symbol.for('comet')
let sym2 = Symbol.for('meteor')
let obj = {[sym]: 0, 'str': 0, '773': 0, '0': 0,
           [sym2]: 0, '-1': 0, '8': 0, 'second str': 0} 
Reflect.ownKeys(obj) 
// [ "0", "8", "773", "str", "-1", "second str", Symbol(comet), Symbol(meteor) ]
// 数字順のインデックス、 
// 挿入順の文字列、 
// 挿入順のシンボル

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Reflect.ownKeys の定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
ownKeysChrome 完全対応 49Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 42IE 未対応 なしOpera 完全対応 36Safari 完全対応 10WebView Android 完全対応 49Chrome Android 完全対応 49Firefox Android 完全対応 42Opera Android 完全対応 36Safari iOS 完全対応 10Samsung Internet Android 完全対応 5.0nodejs 完全対応 6.0.0

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応

関連情報