String.prototype.toSource()

非標準

この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

toSource() はそのオブジェクトのソースコードを表す文字列を返します。

構文

String.toSource()
str.toSource()

戻り値

呼び出し元のオブジェクトのソースコードを表す文字列です。

説明

toSource() メソッドは以下の値を返します。

組み込み String オブジェクトでは、toSource() はソースコードが存在しないことを示す以下の文字列を返します。

function String() {
   [native code]
}

String オブジェクトのインスタンスや、文字列リテラルでは、toSource() はそのソースコードを表す文字列を返します。

このメソッドは、通常、JavaScript によって内部的に呼ばれ、コード中で明示的に呼ばれることはありません。

仕様

あらゆる標準仕様に含まれません。JavaScript 1.3 で実装されています。

ブラウザー実装状況

BCD tables only load in the browser

参照

Object.prototype.toSource