String.prototype.trimEnd()

trimEnd() メソッドは、文字列の末尾のホワイトスペースを削除します。 trimRight() はこのメソッドのエイリアスです。

構文

str.trimEnd();
str.trimRight();

返値

呼び出した文字列から末尾 (右端) からホワイトスペースを削除した新しい文字列です。

解説

trimEnd()trimRight() メソッドは、右端のホワイトスペースを取り除いた文字列を返します。 trimEnd() または trimRight() は元の文字列自身の値に影響を与えません。

エイリアス

String.prototype.padEnd のような関数との一貫性を持たせるため、標準メソッドの名前は trimEnd となっています。しかし、ウェブの互換性の観点から、 trimRighttrimEnd のエイリアスとして残されます。エンジンによっては、以下のように解釈されます。

String.prototype.trimRight.name === "trimEnd";

trimEnd() の使用

以下の例では、小文字の文字列 '   foo' を表示します。

var str = '   foo  ';

console.log(str.length); // 8

str = str.trimEnd();
console.log(str.length); // 6
console.log(str);        // '   foo'

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
String.prototype.trimEnd の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報