TypedArray.prototype.join()

join() メソッドは、配列のすべての要素を1本の文字列に結合します。このメソッドのアルゴリズムは Array.prototype.join() と同じです。ここで TypedArray は、型付き配列型のうちの1つです。

構文

arr.join([separator])

引数

separator Optional
配列の各要素を区切る文字列を指定します。 separator は、必要であれば文字列に変換されます。省略した場合、配列の要素はカンマ (",") で区切られます。

返値

配列のすべての要素が結合された文字列です。

join() の使用

var uint8 = new Uint8Array([1,2,3]);
uint8.join();      // '1,2,3'
uint8.join(' / '); // '1 / 2 / 3'
uint8.join('');    // '123'

ポリフィル

TypedArray という名前のグローバルオブジェクトはないため、ポリフィルの使用は「必要に応じて」の原則で行う必要があります。

// https://tc39.github.io/ecma262/#sec-%typedarray%.prototype.join
if (!Uint8Array.prototype.join) {
  Object.defineProperty(Uint8Array.prototype, 'join', {
    value: Array.prototype.join
  });
}

Object.defineProperty に対応していない本当に古い JavaScript エンジンに対応する必要がある場合は、列挙不可能にすることができないため、 Array.prototype メソッドのポリフィルを行わないことが適切です。

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
TypedArray.prototype.join の定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
joinChrome 完全対応 45Edge 完全対応 14Firefox 完全対応 37IE 未対応 なしOpera 完全対応 32Safari 完全対応 9.1WebView Android 完全対応 45Chrome Android 完全対応 45Firefox Android 完全対応 37Opera Android 完全対応 32Safari iOS 完全対応 9.3Samsung Internet Android 完全対応 5.0nodejs 完全対応 4.0.0

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応

関連情報