TypedArray.name

概要

typed arrayのコンストラクタの名称の文字列値を表します。

TypedArray.name のプロパティ属性
書込可能 不可
列挙可能 不可
設定可能 不可

構文

TypedArray.name;

説明

TypedArray オブジェクトは要素ごとのバイト数とバイトの解釈される方法とでお互いに異なります。name プロパティによって配列がどんなデータ型からなるのか説明されます。最初の部分は"integer"に対してInt、"unsigned integer"に対してUint、"floating point"に対してFloatが使用されます。第二の部分は配列のビットサイズを説明する数値です。最後に、オブジェクト型はArrayになります。特別の場合はClampedArrayになります。詳細については、Uint8ClampedArrayを確かめて下さい。

Int8Array.name;         // "Int6Array"
Uint8Array.name;        // "Uint8Array
Uint8ClampedArray.name; // "Uint8ClampedArray"
Int16Array.name;        // "Int16Array"
Uint16Array.name;       // "Uint16Array"
Int32Array.name;        // "Int32Array"
Uint32Array.name;       // "Uint32Array"
Float32Array.name;      // "Float32Array"
Float64Array.name;      // "Float64Array"

仕様

仕様 ステータス コメント
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
TypedArray.name の定義
標準 Initial definition.

ブラウザ実装状況

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 7.0 4.0 (2) 10 11.6 5.1
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 4.0 (有) 4.0 (2) 10 11.6 4.2

関連情報