TypedArray.of()

TypedArray.of() メソッドは、様々な数の引数をもつ新しい型付き配列を生成します。このメソッドは Array.of() とほぼ同じです。

構文

TypedArray.of(element0[, element1[, ...[, elementN]]])

ここで TypedArray は次のいずれかです。

引数

elementN
型付き配列を生成するときの構成する要素。

返値

新しい TypedArray のインスタンスです。

解説

Array.of()TypedArray.of() との間にいくつかの微妙な違いがあります。

  • TypedArray.of() に渡された this の値がコンストラクターではなかった場合、 TypedArray.of()TypeError が発生します。これは Array.of() が既定で新しい Array を生成するためです。
  • TypedArray.of()[[Put]] を使用するのに対し、 Array.of()[[DefineProperty]] を使用します。従って Proxy オブジェクトを使っている場合は、新しい要素を追加するときに handler.defineProperty() ではなく handler.set が呼び出されます。

of() の使用

Uint8Array.of(1);            // Uint8Array [ 1 ]
Int8Array.of('1', '2', '3'); // Int8Array [ 1, 2, 3 ]
Float32Array.of(1, 2, 3);    // Float32Array [ 1, 2, 3 ]
Int16Array.of(undefined);    // Int16Array [ 0 ]

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
%TypedArray%.of の定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
ofChrome 完全対応 45Edge 完全対応 14Firefox 完全対応 38IE 未対応 なしOpera 未対応 なしSafari 完全対応 9.1WebView Android 未対応 なしChrome Android 未対応 なしFirefox Android 完全対応 38Opera Android 未対応 なしSafari iOS 完全対応 9.3Samsung Internet Android 未対応 なしnodejs 完全対応 4.0.0

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応

関連情報