TypedArray.of()

TypedArray.of() メソッドは、様々な数の引数をもつ新しい型付き配列を生成します。このメソッドは Array.of() とよく似ています。

構文

TypedArray.of(element0[, element1[, ...[, elementN]]])

ここで TypedArray は次のいずれかです。

Int8Array
Uint8Array
Uint8ClampedArray
Int16Array
Uint16Array
Int32Array
Uint32Array
Float32Array
Float64Array
BigInt64Array
BigUint64Array

引数

elementN
型付き配列を生成するときの構成する要素。

返値

新しい TypedArray のインスタンスです。

解説

Array.of()TypedArray.of() との間にいくつかの微妙な違いがあります。:

  • TypedArray.of に渡された this の値がコンストラクターでない場合、 TypedArray.ofTypeError を投げます。 Array.of は既定で新しい Array を生成します。
  • TypedArray.of[[Put]] を使用するのに対し、 Array.of[[DefineProperty]] を使用します。従って、 Proxy オブジェクトと動作するとき、 handler.defineProperty よりも新しい要素を生成するために handler.set を呼び出します。

Uint8Array.of(1);            // Uint8Array [ 1 ]
Int8Array.of('1', '2', '3'); // Int8Array [ 1, 2, 3 ]
Float32Array.of(1, 2, 3);    // Float32Array [ 1, 2, 3 ]
Int16Array.of(undefined);    // Int16Array [ 0 ]

仕様書

仕様書 状態 備考
ECMAScript Latest Draft (ECMA-262)
%TypedArray%.of の定義
ドラフト
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
%TypedArray%.of の定義
標準 初回定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
ofChrome 完全対応 45Edge 完全対応 14Firefox 完全対応 38IE 未対応 なしOpera 未対応 なしSafari 未対応 なしWebView Android 未対応 なしChrome Android 未対応 なしFirefox Android 完全対応 38Opera Android 未対応 なしSafari iOS 未対応 なしSamsung Internet Android 未対応 なしnodejs 完全対応 4.0.0

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応

関連情報